top of page
ヤマ・ソービニオン 2020

ヤマ・ソービニオン 2020

3 300¥Prix
TVA Incluse

 北海道で育ったヤマソービニオンを醸造した深いルビー色と口当たりのバランスの良い、ミディアムタイプの赤ワインです。

 北海道石狩管内産のワイン用ぶどう「ヤマソービニオン」を100%使用して醸造した日本ワインです。自社ぶどう圃場にて手選別・手収穫した完熟のヤマソービニオンを札幌市手稲区新発寒の醸造所にて除梗し、ステンレスタンクにて醸造しました。

 醸し発酵の期間は3週間程。種と皮からのリッチなタンニンを丁寧に引き出しました。熟成は4ヶ月程行いました。山葡萄を親に持つその野趣味のあるスパイシーな味わいをオークの香りでバランスしたワインです。タンニンの渋みと果実味の調和のある味わいに仕上げました。

  • 栽培データ

    品種:ヤマソービニオン

    品種割合:100%

    畑:北海道石狩市八幡農場

    収穫日:八幡農場産2020/10/19~22

    使用割合:八幡農場産 100%

    有効積算温度(2020) :八幡農場 1172℃

    収穫時の平均糖度:19.1Brix(平均)

    収穫方法:ハンド・ピッキング

  • 醸造データ

    発酵・熟成

    醸造所内で更に手選別した葡萄を、除梗・セニエ後にステンレスタンクにて、培養酵母で25℃~28℃の温度管理下でパンチングダウンとポンピングオーバーを施しながら、ブドウの色素や良質なタンニンをじっくりと丁寧に抽出。3週間程発酵。アルコール発酵が終わった後プレスし、乳酸菌による後発酵を実施。数回の滓引きを経て、約4ヶ月間熟成。清澄・ろ過を経て瓶詰。


    瓶詰め

    瓶詰め日:2021/2/2、3/23(期間を空けて、追加で1400本程詰口予定)

    本数:1400本(750ml)(期間を空けて、追加で1400本程詰口予定)

    アルコール:9.3%

    酸度:6.0g/L

    pH:3.59

  • テイスティングコメント

    山葡萄を親に持つ品種だが、MLFと培養酵母によりややマイルドに酸は抑えられている。山葡萄の茎のニュアンスがややスパイシーな風味を残している。セニエ法により、しっかりと果実の凝縮感を出した一方、赤ワインとしては、やや低めのアルコール度数の造りを選択し、程よい渋と共に飲みやすい印象がある。ミディアムボディ。

    フードペアリングとして、味付ジンギスカン、鹿肉等を使ったジビエ料理、ビーフステーキなど。

bottom of page